賃貸住宅情報から読み取れること

賃貸情報の見方をマスターする情報サイト

賃貸住宅情報からわかるのはどんなこと?

賃貸住宅について実際に調べてみると所在地やら最寄り駅などの物件情報が載っています。 でも実際現場に行くと少し違う、なんてことをよく耳にします。 載っている情報から実際の現場がどうなっているのか広告だけでもある程度判断できるように、見方をお伝えします。

情報を正しく読みとる

賃貸住宅を探す際に皆さんはどうしますか?

おそらくほとんどの人はインターネットや自宅のポストに入っているチラシを見たり、さらには実際に不動産屋さんに行ったりするかと思います。
不動産広告を見ているとなにやらたくさんの情報が書かれていますよね?
わかりやすいものもあれば、実際に確認しないとわからないこともあるかと思います。
その中でも実際に確認しないとわからないことのほうがたくさんありますので、いちいち調べたり、実際に聞かなければいけません。
ですが、そんないちいちすべてを確認するのも疲れてしまいませんか?
その手間を少しでも省いてスムーズな賃貸住宅が探せるように情報の読み方をお伝えしていきたいと思っています。

詳しい内容に入っていく前にまずは広告の情報の中で読み取れるものはどのようなものがあるのかをご紹介していきます。
まず一番皆さんが重要視されているのが物件所在地だと思います。
それに付随して最寄り駅や駅からの距離も気になるところですよね。
そして住むにあたってお部屋の広さや間取り築年数などもあります。
物件そのもの以外では敷金、礼金などお金に関することや入居条件なども気になりますよね。
賃貸住宅の情報として上記のかっこ書きにした項目が載っていて、それを見れば物件の情報がわかるようになっています。

こちらに書いた項目以外にも読み取れる情報はありますので、その項目に関しても詳しく説明していきたいと思います。

条件をしっかり把握しよう

物件を確認し、大体理解できたところで次に確認したいのは条件面です。 どんなに物件を気に入っても、お金などの条件に不安があれば借りたくないですよね。 時間をかけて検討したのは良いけど、条件について確認できていなければ時間の無駄になってしまいます。 このページでは条件について読み取れる情報をお伝えします。

こんな広告には注意しよう!

賃貸住宅の情報には「こんな条件があるのか」と思うくらいよく見えるものがあります。 ですが、そういったこともしっかりと物件情報から確認しないとあとあと後悔してしまうことになります。 そうならないようにもどんな情報に注意するべきなのかをお伝えしていきます。

Topへ
戻る▲