賃貸情報の見方をマスターする情報サイト

この記事をシェアする

条件をしっかり把握しよう

入居の際やお金の条件は?

・入居条件は?
入居する際に確認しなければいけないのが、この入居条件です。
物件の中には「ペット不可」「ピアノ可」「学生可」などの表記があります。
これをしっかり確認せずに居住してから違反をしてしまうと、契約違反になってしまい、違約金を払うことになったり強制退去させられることがあります。
「ピアノ可」「ペット可」と表記されていても細かい条件などが設定されていることもあるので、しっかりと確認しましょう。

・敷金、礼金など
入居前に気になるのがお金に関する条件ですよね。
確認すべき項目は6~7項目あり、賃料、仲介手数料、管理費、敷金、礼金、更新料、更新手数料です。
ほとんどは表記されていますが、更新料と更新手数料については記載されていない場合がありますので、業者さんに問い合わせてみましょう。

入居の時期は選べる?管理会社はどこ?

・入居時期
物件によって入居可能時期はそれぞれです。
新築ですと完成するまで入居することができませんし、誰も住んでいない物件ならすぐに入居できますし、入居者がいる場合は退去するまで待たなければいけません。
表記として「即入居可」などが書かれているので確認してみましょう。
引っ越しの時期に合うのかどうか検討して見てみるのがおすすめです。

・管理会社や仲介会社を確認
物件情報の広告には必ずその物件を取り扱っている会社名が記載されています。
不動産会社の情報として宅建免許番号が書かれてあります。
番号の前にかっこ数字があります。
免許を取得した時点で(1)と表記されており、5年ごとに(2)とひとつずつ増えていきます。
ですから、この数字が大きければ大きいほど長年営業している会社とわかります。
そして専任媒介、仲介、貸主などさまざまな取引態様があり、それぞれ仲介手数料が変わってくるのでこちらも確認しましょう。


Topへ
戻る▲