賃貸情報の見方をマスターする情報サイト

この記事をシェアする

こんな広告には注意しよう!

おとり物件とは?

物件を探す際に皆さんは良い条件のところに住みたい、と思いますよね。
でも、この気持ちにつけ込んでおとり物件を出す業者さんがいます。
おとり物件とは、載っている契約条件が実在しない架空の物件のことです。
なぜそんなことをする必要があるの?と思いますよね。
この狙いは来店率を上げるためです。
お客さんを引っ張ってくるためにおとり物件を出して来店させるのが狙いです。
これは賃貸でよく見掛けます。

おとり物件にだまされないポイントを4つご紹介します。
1.都心、駅チカで新築なのに家賃が相場より安い、などの好条件
2.住所や建物名などの詳細情報が載っているか
3.不動産会社に来店せずにいきなり現地にて内見できるか
4.定期借家契約ではないか(物件更新ができない)
になります。
物件情報からしっかりと確認して釣られないようにしましょう。

失敗しないためにも知るべき情報

広告を読み取って自分がどんなことに気を付けたり、確認すべきかをお伝えしていきます。
たまに、立地条件がよく、築年数も浅く、家賃も安い!などといった誰もが欲しがるような好条件の物件を見掛けることがあります。
ですが、こういった物件には訳あり物件であることが多いです。
少しでも、なんで?と疑問に感じたら取り扱っている不動産会社に確認しましょう。
訳あり物件には告知義務がありますが、訳ありになったあと、一度誰かが入居した場合は告知しなければいけませんが、その人が退去し、次に入居した人には告知義務が発生しなくなります。
ですから自分からしっかり確認するようにすれば、聞かれた場合には不動産会社も正直に言わなければいけませんので、あとで知って後悔することがなくなります。
賃貸物件を探す際には連絡をマメにしてくれたり、内覧も快く立ち会ってくれるような誠意のある営業マンに担当してもらうことが大切です。


Topへ
戻る▲